後悔しない投資マンション選びの基本|リスク回避術

つみき

空き家を収入源に変える

ウーマン

実績を持っている会社選び

転勤などにより自宅を持っている人はその処分に頭を悩ませられることになります。その地域にもどることがなければ、売却を中心に処分方法を検討することが最も望ましいのですが、一定期間の転勤などの場合、もとの地域に戻る事が想定されます。その期間自宅をどうするかが悩みとなります。リロケーションは、空き家になっている期間中、賃貸物件として貸し出しすることができる仕組みになっています。二年など賃貸する期間の最低期間が決まっているため数か月など短い期間では適用外になることを認識しておく必要があります。リロケーションを行えば、例えばローンの支払い中などは収入を得ることができますので、メリットがあります。また、賃貸物件にすることに抵抗を感じる人もいますが、空き家にしておくよりは誰かが居住しておくことで住宅の寿命を延ばすことができるメリットもあります。そのため積極的にリロケーションを検討することをおすすめします。業者選びなどが大事なポイントです。リロケーション業者は多数ありますが、賃貸されなければ何の意味もありません。そのため、ノウハウや実績を持った会社を選ぶことが大事なポイントになります。その地域で賃貸に強い実績を持っていれば、管理を含めて安心して任せることができるようになります。リロケーションの申し込みはできる限り早い方が空き家にする期間を短くすることができます。そのため転勤などが決まったら早めに依頼することが大事です。